このエントリーをはてなブックマークに追加

お尻 サイズダウン

お尻が大きくて気になっている方は多いでしょう。
ジーンズやパンツ、スカートなどでお気に入りの物があっても、お尻のサイズが大きいせいで着ることができないと諦めたことのある方は大勢います。
また、夏場などは自分のお尻が大きいのが目立ってしまうので恥ずかしい思いをされるでしょう。

 

どうしてお尻は大きくなってしまうのでしょうか。
その原因は、脂肪がたまってしまい肥満になってしまったことと、骨盤の開きによる原因があります。
出産をした後に骨盤が開いた状態のままになってしまい、お尻が大きく見えることに悩んでいられる方は多いです。
また、出産以外でも普段の姿勢や歩き方などによって、骨盤が歪んだり、開いてしまってお尻が大きく見える方もいるようです。
お尻以外の部分はそんなにお肉が付いていないのに、お尻にばかり付いてしまう場合は骨盤に原因があることが考えられます。

 

お尻のお肉を落とすためには、有酸素運動により脂肪を燃焼させる必要があります。

 

● 脂肪を燃焼させるには運動を20分以上続けないといけません。40分程度の運動を続けることが望ましいです。
● 有酸素運動はジョギングや水泳などの運動を週に2,3回行いましょう。

 

小さいお尻を作るためにはお尻に筋肉を付ける必要があります。
筋トレを行い筋肉によって引き締まったお尻を作るのです。
● オススメする筋トレ法はスクワットです。どこでも簡単にできて、お尻や太ももを鍛えることができます。
● スクワットは、腕を頭の後ろに回して腰を落とします。この時、太ももと床が平行になるくらいまで腰を落としてください。
これを20回〜30回を1セットとして、3セット行いましょう。

 

セルライト

 

お尻にセルライトがたまってしまうことによってお尻が大きく見えることがあります。
本来ならば体の外に排出されるはずの老廃物が溜まってしまい、それによって血流が悪くなって、セルライトとして溜まってしまうのです。
セルライトは有酸素運動などを行ってもあまり効果が見られないです。
セルライトを除去するためには、エステに行ってエステティシャンから専用のマッサージを受けるか機械を使った施術を受ける必要があります。
セルライト除去はエステの施術を一回受けるだけでも効果があるため、小さいお尻を目指したい方は是非ともエステに行きましょう。